超・戦慄迷宮〜富士急ハイランドへ行こう

富士急ハイランドのアクセス(交通)情報〜富士急ハイランドへ行こう

富士急ハイランド
〒403-0017
山梨県富士吉田市
新西原5-6-1

TEL:0555-23-2111
FAX:0555-24-6882

  公式ホームページ
◆ 富士急ハイランド ◆






 富士急ハイランドの料金・営業時間
 料金・営業時間


   富士急ハイランドのアトラクション情報
  アトラクション


   富士急ハイランド周辺のお食事情報
 周辺お食事情報


  
  富士急ハイランド周辺のお天気情報
  お天気情報


  富士急ハイランドのアクセス情報
   アクセス


  リンクについて
  リンクについて






   
アウトレットモールが好き!

全国のアウトレットモールを紹介しています。
# 富士急ハイランドへのアトラクション情報〜超・戦慄迷宮
超・戦慄迷宮

世界最長のウォークスルー型ホラーハウスとして、ギネス世界記録に認定された「超・戦慄迷宮」。

超・戦慄迷宮は、コースターのセーフティーバーや、ライドの場合の安全な距離など存在しません・・・リアルさをとことん追求したウォークスルー型は、バーチャルなTVゲームをはるかにしのぐ恐さ。お化けがウヨウヨするホラーハウスの中を自力で進んでいけるか〜!!!
■スポンサードリンク


超・戦慄迷宮の基本情報 超・戦慄迷宮の基本情報

超・戦慄迷宮は園内最奥の森の中にひっそりと佇む、すっかり荒れ果てた2階建ての「急総合病院」の廃墟が舞台。5分程のプレショーを見た後、懐中電灯を頼りに2〜3人で1組になって探検する。部屋は「診察室」「手術室」など55にも及ぶ。真っ暗闇のどこからともなく突然襲いかかるお化けに、挑戦者の悲鳴が轟き渡る・・・。超・戦慄迷宮は途中迷路になっており、最も恐ろしいエンディングも2パターン用意されているなど、そう簡単には脱出できない。所要時間は最短で50分。さぁ、あなたは世界最高の恐怖から無事に逃れることができるか?

超・戦慄迷宮の歩行距離は世界最長! "世界最長のウォークスルー型ホラーハウス"としてギネス世界記録に認定。

利用料金 500円(フリーパス利用不可)
設定 病院の廃墟跡
形式 ウォークスルー型ホラーハウス
歩行距離 700メートル(ギネス記録)
所要時間 約50分
建物 2階建(一部中2階)
延床面積 約3000平方メートル
公式サイト→ 超・戦慄迷宮


超・戦慄迷宮のスペック情報 「超・戦慄迷宮」のここが凄い!


超・戦慄迷宮と旧・戦慄迷宮との比較。超・戦慄迷宮は前作を上回るスペックになっています。




超・戦慄迷宮では前後のグループとの間隔をあけるため、1日の収容人数を1,500人に限定。混雑時には予告なく『超・戦慄迷宮』前で整理券を配布。配布時間は10時、13時、16時(16時は土日のみ)。整理券実施時は整理券を入手しないと入場できないので注意しましょう。詳しくは入園時に確認を!(参考)2006年3月現在、土日も含めて整理券配布は行っていないとの事

※超・戦慄迷宮はフリーパスは使用できません。
※小学生同士でのご利用はできません。




超・戦慄迷宮の簡略ストーリー 「超・戦慄迷宮」簡略ストーリー!
(この超・戦慄迷宮の簡略ストーリーは、「超・戦慄迷宮」の公式ページから抜粋したものです。正確な超・戦慄迷宮の情報は「超・戦慄迷宮」の公式ページでご確認ください。超・戦慄迷宮 公式ページ )


「超・戦慄迷宮」簡略ストーリー

数年前まで「慈急総合病院」は、表向きはごく普通の病院であった。
しかしその実態は、患者に不当な手術を行ったり、「新鮮な臓器」を売買して私腹を肥やしていたのであった。

そしてある時から病院の不穏な噂が立ち始めた・・・

・深夜に大量の木箱を積み闇に消えていくトラック
・日が暮れると排気口から不自然に流れ出る黒煙
・時折病院の中から聞こえる断末魔の叫び声
・雑然と裏口に積まれている死体袋の山

そして病院の周囲には死臭が漂っていた・・・
いつしか「決して生きては帰れない恐怖の病院」という噂が広り、病院内では職員同士の殺戮までが始まっていた。

病院は廃業に追い込まれ、そのまま数年放置されていた。


ついに調査が始まり、多くの惨殺死体が発見され、病院の悪事のすべてが明るみにされた。しかし院長の死体だけは発見されなかった。

噂では今でも院長は館内にすみつき、当時の職員や患者たちの亡霊を支配しているといわれている。そしてその亡霊たちは、興味本位で進入してくる若者たちや時折迷い込んでくる人々を餓食している・・・

新鮮な臓器を求めて・・・



以上が「超・戦慄迷宮」のストーリーを簡略化したものです。
超・戦慄迷宮の詳細ストーリーは公式ホームページでご確認ください。→超・戦慄迷宮

■スポンサードリンク


「超・戦慄迷宮」の豆知識
超・戦慄迷宮は「病院の怪談」をテーマにしたホラーハウス。絶叫マシンで有名な富士急ハイランドでは、お化け屋敷も「絶叫系」。襲い来る亡霊から、叫び声を上げるのは女性だけでなく男性も同じ。男の恐怖に慄いたリアルな叫び声を聞くと、思わず足が止まってしまう。超・戦慄迷宮は歩行距離が700m、所要時間が50分以上というそのボリュームも驚きだ。リタイアしたくなったら、脱出口が用意されているから急いで逃げこんで!


「戦慄迷宮」の歴史
旧・戦慄迷宮の元あった場所は、現在の『マッドマウス』の隣で、以前は巨大な休憩所であった。その中には、おみやげ売り場や、ゲームコーナーなども存在していた。富士急の過去の入園者は現在の5分の1程度。昔は地元が大切なお客様だったので、子供たちはゲームコーナーなどで遊び、保護者はそこで休んでいたようである。

その建物をフルに生かして戦慄迷宮を作り上げたのだった。(老朽化も進んでいたので、お化け屋敷にもってこいのようであったようである)

2003年7月好評だったのか、さらに別の場所に作ることになった。それが『超・戦慄迷宮』である。その作られた場所はロッキースターダーの奥なのだが、もともと何もなく緑の生い茂る空き地だった。しかし、そこに作った影響でこちらからは何も見えないのに、近づくにつれ、巨大な超・戦慄迷宮が出現する。といったどくとくの雰囲気を味わうことができる。



「超・戦慄迷宮」の過去のイベント

@「超・戦慄迷宮」オークションの開催(公開当時)

■オークション商品名
「この夏、富士急ハイランドに新登場する世界一のホラーハウス『超・戦慄迷宮』を一般公開前に独占体験し、世界最初のお客様になれる権利」オークション

■「超・戦慄迷宮」オークション結果
落札価格はなんと 37.000円!

内容は
4名フリーパス付きで1人4500円(現在は4800円)×4=18000円ですので
37000円−18000円=19000円
超・戦慄迷宮の料金が500円×4名=2000円
19000円−2000円=17000円

計算してみるとやはり高い気が・・・。
しかし、世界一のアトラクションを1番乗りというのはとても光栄なことであったのでしょう。

A「超・戦慄迷宮」 333イベント
このイベントは1日限定霊の数が333体という、とてつもなく怖いイベントだったらしい、行った方がいたら、是非その詳細をご一報ください。記事に追記したいと思います。メール

B「超・戦慄迷宮」 冬の絶叫祭り
2005年2月に「冬の絶叫祭り」というイベントが行われた。
このイベントは絶叫アトラクション「フジヤマ」「ドドンパ」「トンデミーナ」「超・戦慄迷宮」の4アトラクションが対象であった。超・戦慄迷宮では「霊に仕返しキャンペーン」と題し、入り口にて銃を渡され、それを霊に撃つと逃げていくという物であった。


■スポンサードリンク




                                 
                      

アトラクション情報に戻る    ホームに戻る

 Copyright(c)2006 富士急ハイランドへ行こうAll rights reserved.